日常生活を送っていて急にお金が必要になった経験はありませんか?私はあります。急な出費でピンチの時に、親や友人・知人に融通してもらうことが可能であるならばそれで良いのですが、実際問題、誰もがそう簡単にうまくはいきません。そんな時に、私達の味方になってくれるのがカードローンでお金を借りる方法です。

▼はじめに

お金を借りたことのない人は、様々な疑問が付きまといます。「カードローンってどんなもの?」「どこに申し込めばいいの?」「銀行?消費者金融?何を選べばいいの?」等々です。  昔と違い、現代では多種多様なサービスが行われています。それは、お金を扱う業種にとっても例外ではありません。そして、どのサービスを受けたら良いのかは、個人個人の需要によって異なってきます。比較検討を重ねて、自分に最適なカードローン選びを心掛けるようにしましょう。



▼カードローンは銀行で作るべきか、消費者金融で作るべきか?

カードローン初心者がまず初めに悩んでしまう事項の1つに、「どこでカードローンを申し込めばいいのだろうか?」ということがあります。同じカードローンでも、銀行で申し込むケースと消費者金融で申し込むケースでは違いがあります。以下に記述するそれぞれのメリット・デメリットを勘案して、自分の需要に合った先を選定していきましょう。



▼銀行系カードローン

銀行系カードローンはその名の通り、銀行(若しくはその子会社)が運営するカードローンです。申し込みは、銀行の窓口で請け負っている他、ATMコーナーに各種パンフレットが置いてあり、必要事項を記入してポストに投函するといった方法を取ることが出来ます。

カードローンを銀行で申し込む時の最大のメリットは金利が安いことです。信販会社・消費者金融と比べると、その金利の低さは一目瞭然で、時には消費者金融の適用金利より2桁もの乖離が見られることもあります。 また、消費者金融では、金利の上限から下限の差が開いているため、自分の適用金利が広告でうたわれている最低金利よりも高く設定されることが稀ではありませんが、銀行系カードローンは金利の上限と下限の差が低いことが多く、想像以上に高額な利息を支払わなくて済んだというケースが多いことで有名です。お金を借りる以上、金利が低いことは何よりも嬉しいことの1つだと言えます。 そして、銀行でカードローンを申し込む場合、ほとんどの銀行で金利優遇措置を行っており、「定期積立を申し込む」「他のローンを利用している」「給与受取口座に指定している」「公共料金の自振先に利用している」等の条件を満たせば、その分金利を低く設定して融資を受けることが可能になります。

次に、適用される法律を見ていきましょう。2010年6月に改正賃金業法が施行されたことにより、「総量規制」と言った概念を考慮する必要が出てきました。  この総量規制により、消費者金融等のサラ金から借り入れることができる金額が、「年収の3分の1」までと決められてしまいました。カードローンは実際に借り入れている金額ではなく、借り入れすることができる枠の金額で判定されるため、消費者金融でカードローンを申し込む場合は、全て合わせて年収の3分の1までしかカードローンの枠を設定することができなくなってしまったのです。

しかし、銀行系カードローンはこの総量規制適用外の商品ですので、借り入れ金額に上限は設けられていません。年収の3分の1を超える額を借り入れる予定の方にはメリットがあると言えます。

他にも、わからないことは銀行の窓口で対応してくれることや、銀行がバックについてくれているといった面で大きな安心感を得られることも隠れたメリットと言えるでしょう。

一方、デメリットもあります。それは何と言っても審査が厳しいことです。審査が厳しいということは、お金を借りることができるまでに時間がかかるだけでなく、ややもすれば審査が通らないといったことも起こってしまいます。他社で複数借り入れをしていたり、返済履歴に傷がついていたりする方は、銀行系カードローンを申し込んでも決済がおりずに、融資の利用ができず無駄な時間を使ってしまうといったこともあり得てしまいます。



▼消費者金融カードローン

消費者金融でカードローンを作るメリットとデメリットは、銀行系カードローンのメリット・デメリットの裏返しと言えます。 例えば、消費者金融で取り扱っているカードローンは審査が早く、金利が高いことが一般的です。審査が早いということは、私達が必要な時にすぐ融資を受けられるということです。その分、取り扱う会社にとってはリスクが高くなり、高くなったリスクを補うために金利を高く設定しているという仕組みです。

また、消費者金融のカードローンは、総量規制の対象になっているため、年収の3分の1までしか借りることができないという制限があります。銀行系カードローンでは、専業主婦の人も利用可能であるのに対して、消費者金融のカードローンでは専業主婦は借入対象外となっていることも大きな違いです。そして一方で、フリーターやアルバイトの方でも審査を通ることが可能で、借り入れできるケースもあります。



▼カードローンについてまとめ

いかがでしたでしょうか。現在、銀行系カードローンと消費者金融のカードローンの違いは徐々に縮まっているとはいえ、まだまだ細かな違いがたくさんあります。自分にとってどのカードローンが最適なのかは、個人差があり、事情によって異なります。必要な時に必要な契約が出来る様、以下に、それぞれのカードローンでメリットを得られる状況をサンプルとして列挙しておきますので、ご参考になれば幸いです。

<銀行系カードローンでメリットを受けられる人>
・審査のスピードより安い金利を求めている人
・高額な融資限度枠が必要な人
・大手金融機関等に説明をしてもらえた方が安心感を得られる人
・取扱い銀行が近くにある人
・専業主婦等、消費者金融を利用できない人


<消費者金融のカードローンでメリットを受けられる人>
・金利が高くても今すぐにお金が必要な人
・銀行系カードローンの審査が通らない人
・審査に時間をかけるのが面倒くさい人
・フリーターやアルバイトの人